スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yun流瞬間英作文

おはようございます!

今日は僕が行っている瞬間英作文の方法を一回まとめとこうと思います。

もしかしたら、瞬間英作文というキーワードでこのブログに飛んできてくれる方もいるかもしれないので。

ただ、これはあくまで僕の方法であって、もっと別の方法もあると思います。

ただの一例にすぎないということを考慮の上、ご覧下さい。


ということで、現在やっている900点特急と過去にやった文法特急、単語特急でのやり方を細かく書いていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《yun流瞬間英作文》

(*まず、瞬間英作文しようとする教材の問題は、見た瞬間に答えられるようにしておくことが前提です。また、1日にどれだけの量をするのかは各自で決める必要があります。後述します。)


① 教材の問題を見て、選択肢以外にわからない単語・イディオム等の表現(日本語にしっかり対応させる)があったら、問題の英文中の単語・イディオムに下線、もしくは二重線や波線など、区別できるように印をつけ、近くに意味を書き込む。

② 文中の文法事項でわからない事柄があれば自分で調べ、どこがどのように修飾されているか[ ]で囲んだりして自分でわかりやすくする。

③ 1日にやる分を一通り目を通して一回脳内で音読する。 

④ 3〜5回音声を聞いて、発音や抑揚を頭に音声として残す。

⑤ 10回音読する。

⑥ 和文だけを見て英文が出てくるか確認する。

⑦ 3回シャドーイングする。

⑧ シャドーイング終了後、⑥で和文→英文が思い出しにくかった文があったら、そこを和文、英文ともに確認してから英文を5回音読して、再度、和文→英文に挑戦する。

⑨ その日やった文をお風呂の中や移動中などに思い出す作業をする。

⑩ 次の日から、和文だけを見て英文を瞬時に言える作業をする。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


基本的にこれら①〜⑩が1日にやる分のタスクです。初日は⑩はありません。2日目以降です。
次の日からは、今までにやった文の音声をひたすら聞く、もしくは、英文を思い出す、和文を見て英文を言えるようにする作業が大半になります。


*についてですが、これをしておくと、復習する際に思い出す作業のトリガーを作ることができます。

選択肢がどういうものだったかっていうのは問題を解いていけば自然と頭に残りますし、思い出す際にも、『確か、選択肢の内、答えがrecoverだった!』などと思い出せれば、そこから自然と和文が出てくるでしょう。

さらに、その文にでていたイディオムなどで印象深かったものとセットにしてを覚えるとアンカーまで作ることができるのでおすすめです。

例えば、recoverが思い出せなかったとしても、『According toからはじまる英文があったなぁ、たしかその文はAccording to yesterday's .......あ、答えrecoverの文だったなぁ』と思い出せるようになります。

ですので、先に問題集の問題だけはすぐに答えられるようにすることと、①、②の作業が欠かせないものになってきます。

僕は瞬間英作文において、目の前に教材がないけど文を思い出すという行為が記憶の定着に大変有効だと考えてます。

というよりも、これがかなり重要な部分になると思います。

また、①と②は先に全文やってしまうこともあります。
案外、①と②で思ったより時間が取られるので、これだけ先にしておくのもありかもしれません。


手順で書くと⑩までありますが、要領がつかめてくると、1日30分〜1時間くらいで終わる日が多かったです。
もちろんどれだけやるかに比例する部分はありますが。

どれだけやるかについてですが、それは自分の頭と相談してください。

僕の場合は、単語特急から始めましたが、初日は5文でした。
しかも1時間くらいかかりました。

それから徐々に増やしていって、4日か5日目くらいから1日の量を10文ほどまで増やし、それからは一定量で無理矢理10文詰め込んでいきましたね。

10文はぶっちゃけると僕にはきつかったです。

8文か9文くらいからものすごく頭の処理スピードが遅くなってくるのがわかります(汗)

しかもですね、単語特急って基本的に文が短くて(文法特急や900点特急と比べると)、文自体が簡単なので、それでキツかったんですから、いかに頭が受け付けてなかったかがわかります。。。


だらだらと書いてしまいましたが、今は900点特急を瞬間英作文していますが、もう地獄級です。

お前は鬼かっ!!ってくらいです。


でも、これやったら力つきそうっていうのが本音です。
not simply A but B as wellの文は覚えるの結構苦労しましたよ。何と言っても文が長い!!トホホ。。。

ただ、これはこれで特徴的なので今となっては頭に刻み込まれていますが^^

また、音読10回ですが、ただ単にぶっきらぼうな感じ読むのではなく、音声で聞いたものを再現する感じで、まず5回読みます。残りの5回はなるべく英文を見ないようにして音読します。その際、わからなければ英文を見ながら音読する、というようにします。

まぁ、長々と書きましたが、要は頭には入りゃいいんです!\(^o^)/
和文見て即座に英文を引き出せて、その文についての説明がてきて、抑揚や発音がしっかりできてりゃ言うことなしです。

ざっくり言いすぎましたかね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これから少し、ブログを書く頻度を落とします。
理由は色々あるのですが、とにかく僕はこれから次回の公開テストまで陰でひっそりと勉強します。

書くかもしれませんが、本当に頻度が落ちると思いますので、あらかじめ公言しておきます。

次回の公開テスト前になったらまたブログ順調に書くように戻ると思います(もう少し早いかも)ので、それまでは周りに日々のことをブログで示さずこっそり一人で勉強します。

毎日、しっかりと勉強はしていますので、あしからず。
スポンサーサイト

アビメ&勉強の進み具合

まずアビメから!












パート7はほとんどと言っていいほど対策しておりませんでしたが、なぜか正答率が前回よりあがってるという不思議!

パート5の瞬間英作文でパート7が伸びたとしか言いようが無いのですが、それが事実かもしれません。

よくでるような単文をいくつも瞬時に処理する瞬間英作文をした結果、パート7の文章も正確に読むことができたのかもしれません。

あくまで、かもしれません、としかいいようがありませんが。


全体的に一段どころか二段くらいスコアアップしましたが、未だ?です。

725点がベストだったのが730点を飛び越え、800点まで超えました。

ただ、やはりリスニングか課題なのは変わりません。

アビメを見て次回に対策立てます。

−ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




今日で900点特急2週終わりました。
今はとにかく解いています。
明日から瞬間英作文開始予定。

文章が少し難しいのと長いので、一つのラウンドを3日で仕上げて合計15日で一通り完成予定にします。

もちろんその後は繰り返しますよー!

7、7、6文の計20文!を5ラウンド。



言われる前から、そして始める前からキツいのはわかっている。

だけど、このキツさを乗り越えないと僕にはスコアアップは無いと思うし、何よりも自分に負けるのが悔しい!

他人のスコアをうらやましいと思うことはあるけど、直接比較しようとは思わないし、自分がとったスコアにこそ価値がある。

やるべきことはわかってる、目の前にある。

あとは、

やるかやらないかだけ。



次回の目標は860点だけど、最終的には900点超えを目標にしているのは変わらないし、長期的に勉強すれば必ず手に入るスコアだと確信した。

絶対にやり遂げる。

結果には必ず原因がある。


僕がとったスコアの結果にもきっと飛躍となった原因があるはずだし、停滞していたときもきっと原因があるはずだ。



少し話は飛びますが、3月23日のKIYOさん主催の学習会が僕の最初で最後のTOEICの学習会になるのではないか、と思う。

というよりも、都心から離れた場所にすんでいる僕にとって学習会は切り札のような物だと考えていて、一回で自分なりの価値を見いだせたらなって思ってる部分もある。

そのときの参加者の出会いも大事にしていきたい。

もちろん都会付近に住むようになったら話は別だろうけど、近いうちにそんな予定はない。


だから、必ず学習会は真剣に臨む。

それまでに、自分に負けないよう、自分の立てた計画を毎日100%達成できるようにする必要がある!

順調にいくと3月のはじめで900点特急の瞬間英作文が一通り終わるので、それらをさらに磨きをかけた状態で3月の公開テスト、その後の学習会に参加できるようにする。


絶対やり遂げる!



明日から(地獄の)瞬間英作文はじめます。

明日からのために、今からもう一度900点特急を一周やってから寝ます。

3月の公開テスト受験なさる方、みなさんと努力できたら幸せです。


たかが一ヶ月でも、本気でやれば絶対にスコアは伸びる!!!

では!

マクドナルド

今日もマック行きました!

毎回プレミアムローストコーヒー頼んでます!

900点特急もうすぐ終わります^^

今から寝るまでの間にやっちゃいますぜ!

まぁ間違えすぎなんだけど、、、

いっか!!

何回もやればわかってくるだろう。。

基本的にパート5、6特化型の問題集としてはこれで終わりにするつもりだから頑張らないと。

文法特急、単語特急、900点特急を瞬間英作文すれば、文法知識としてはあとは模試を解き込んでいく中でわからない物にであったら復習するというスタンスでいこうと考えてます。

そもそもなぜ僕が文法特急1、2で瞬間英作文しなかったのかというと、同じ著者には似たような傾向の問題が2冊にわたって収録されていると思ったからです。

それならば、異なる著者のものを選べば、違う角度から見れるのではないかと思ったため、はじめに文法特急、単語特急を選びました。

特に、2冊すると著者が好きな構文が見えてきます(笑)

同じTOEICという試験にもかかわらず、いろんな角度から見れるのはやっていてなかなか面白くもありました。

もちろん900点特急にも何かしらそのような傾向がみえるだろうという考えをもってやっていくつもりです。

ということで、今から寝るまでの間、また頑張ります!!!



PS, Oサンダーさん、800点突破記念ということで贔屓して頂きありがとうございました。

900点特急&推定990点

これかなりヘビーですね。。。

今日、もう一度一章をやり直しました。

この本にある問題って本番で実際に出た答えの問題が多いのかな?

とにかく、エクセルで100文まとめ終わったことだし、できるだけ早く全部解いて、答えの根拠インプットしたら、瞬間英作文に入ります。

自分の頭のキャパだと、おそらく1日10文が瞬間英作文の限界だと思うので、どれだけ早くそこまでたどり着くことができるかが勝負な気がします。

なんかリスニング勉強が億劫になってきそうな感じするけど、並行してやってきます。


それはそうと、ツイッターでリフォローしてくださった方ありがとうございます!


ふと思ったのですが、990点満点所持者ってどれくらいいるのだろう?
ということを思いまして、自分なりに色々考えて導きました。

かなりアバウトですので、異論のある方でも目を瞑ってください(爆)

まず最初は関係ないですが、TOEIC比べるスコアで自分の立ち位置を調べました。

それがこれです。



なんと、825点って上位8%だということを見てニヤニヤしてました!(←オイ)

ま、それは、置・い・と・い・て


これではわからないということで、リーディングスコアで比べてみました。





これで解決したいと思い、色々考えた結果、

実際、リーディングよりもリスニングの方が点数が高くでる傾向にあり、満点もリスニングの方が取りやすいということもあるので、リーディングの点数から考えることにしました。


ここからが超アバウトです。

リーディングスコアによると、470点以上が7657人いるということで、この中には、470、475、480、485、490、495点の6通りの点数が考えられる訳です。

まず、単純に考えて7657人を6等分すると、おおよそ1443人となります。
この方がすべてリスニング満点だとすると1443人で終わる訳ですが、そんなはずはない!ということで、もう少し考えてみます。

これまた単純思考ですが、6等分したスコアでも、スコアが高くなればなるほど、取得者は少なくなっていくと思うんです。

そして、470点を仮に4500人としましょう!(爆)

そうすると、だんだん少なくなっていくので、5点あがるに従って4割の人数になっていくと仮定すると、475点1800人、480点720人、485点288人、490点115人、495点46人となり、合計すると

おおよそ7500人ほどになります。

そして、リーディング満点の人はほとんどリスニング満点である方が多いと思いますし、実際7657人なのに対して合計が7500人程度になったので、+αして、リーディング満点を多少+すると、おおよそ50人になるんではないでしょうか?

こんな仮定ではあてにならないかもしれません、というより全然あてにできないでしょう。


つまり、以上をまとめると、満点はおおよそ50人!


優しい反論(コメント)は受け付けます(爆)

もしよければ拍手ボタンお願いします^^;

2/6

こんばんは!

前回のネットでの結果発表からまだ興奮がおさまりきっていないyunです。

軽く、今後の方針について。

次回のTOEICまでに900点特急の瞬間英作文を完璧にすることを目標にします。

また、リスニングについては公式vol4のパート3、4についてもシャドーイングなどを混ぜて最終的には暗唱できるレベルまでもっていこうかな、と考えています。
リスニングはもしかしたら方針変更になるかもしれませんが、今のところ、この2つをこれからの一ヶ月でしっかりこなしていけたらな、と考えています。


それから、3月23日のKIYOさんの学習会に申し込みました。
初の学習会です。
かなり緊張すると思いますが、参加者のみなさんぜひ優しくしてください(笑)

学習会で、問題について当てられたりしたら緊張のあまり声震えるかもしれません^^;



そして、だいぶ先ですが、6月に英検準一級を受験するかもしれません。
まだこれは未定ですが、受けるだけ受けようかなーって考え中です。


具体的にどうなるかはわかりませんが、これから決めます。


今日は900点特急の1章を解いたのと、リスニング聞いてシャドーイングしました。

そして、900点特急を瞬間英作文しやすくするためにエクセルで英文、和文をまとめていたところです。

今はその休憩ということでブログ書いてます!


800点で長く踏みとどまることはできれば避けたいんですが、周りの方は800点代で足踏みした期間が少し長い方が多い感じがしてくるので、心配です。

何はともあれ、リスニングを満点近くまでもっていくことができれば900点も夢じゃない!

とかいいつつリスニングが苦手なんだけど。

そんなことはいってられねぇぇ!

うおおおおおおお!

これから次回のテストまで約一ヶ月ちょっと。
がんばります!!!

1月TOEIC結果

長らくブログを書くことができず、申し訳ありませんでした。

実はこの間、英語の勉強にも身が入らず、医師から言われた通りにあまり何も考えずグダグダ過ごしていた訳ですが、本日のTOEICの結果を見て、今までの自分が肯定されたような気分になり、薬よりも強烈な効果があったと思います(爆)


色々書きたいことがありますが、どうしましょうか。
まずは結果から行きますね。











2013年1月スコア







見た瞬間、目が液体で少し潤されました。

もう何とも言えなかったです。

約1年間のブランクがあり、11月の結果は685点(L:330、R:355)でした。
12月1日から単語特急、文法特急の瞬間英作文を順次始め、それをメインにしてサブでリスニングのリピーティングやシャドーイング、パート7の公式vol3,4,5の苦手文書の軽い音読を加えて、勉強していました。

何が効果があったのか?と言われれば即座に瞬間英作文だ!と答えるでしょう。

また、僕は1月のTOEICを受ける前までに単語が羅列されているような単語帳は金フレを持っていましたが、やりきったことはありませんし、今持っているデルボは1月のTOEIC受験後に買いました。



と、まぁ、こんなことはどうでもいいのですが、やっぱり迷いはありました。

リスニングはリピーティングなんてしても意味あるのか、とか、1日どれくらいやれば結果がなるべく早く出るかとか、そんなどうでもいいことばっかり考えて、勉強時間を少なくしてしまったのも事実です。

でも、結局は自分がこれやる!!って決めたことをやり遂げられるかどうかにかかってるのかなって思います。

今回、僕はテストまでに特急2冊の瞬間英作文は絶対終わらしてテストに臨むということを自分の肝に銘じて毎日10文ほど無理矢理頭に詰め込んでいきました。

それはもう、かなりきつかったですし、内心、何度もやめたいと思っていました。

大事なのは勉強時間が長いとかどうこうではなく、どれだけやって自分はどんなことを完璧にしたのか、っていうことだと再認識しましたし、高得点の方はこういうことをいろんな問題集でしていっているのだな、ということを感じました。

いろんな問題集、いろんな勉強法、いろんな読み方、いろんな解き方etc...

様々あっていいと思います。


僕自身、初のリスニング、リーディングともに400点超えというところに立てました。

これも、みなさんの努力をブログで見させてもらえて、自分にもやる気を分けて頂いた結果だと思います。
本当にありがとうございます。

特に、もうすぐ満点に届くであろうOJiMさん、Rabbitさんのブログを何度も読まさせて頂いています。

OJiMさんに至っては以前のブログもたまに読ませて頂いています。




今回の結果を受けて、嬉しさとともに希望も見えてきました。
リスニングをあげれば900点も夢ではないはずだと。

リスニングの方が点が高く出ると言われているにもかかわらず、
未だにリーディングの点の方が高いという謎現象が起きているのですが。

これからもさらに高みを目指して頑張っていきますので、お願いします。

初受験の390点から435点伸びて、825点まで来ました。

絶対に900点とってみます!!!

12月に勉強してて辛いときに聞いてた曲を貼付けて、今回の記事を終わりにします。

プロフィール

yun

Author:yun
よろしくお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
TOEIC受験成績!
2010/05/30 L:225 R:165 T:390
2010/09/12 L:235 R:210 T:445
2010/11/28 L:245 R:195 T:440

2011/05/29 L:330 R:260 T:590
2011/09/11 L:320 R:275 T:595
2011/11/27 L:335 R:380 T:715

2012/01/29 L:380 R:345 T:725
2012/03/18 L:370 R:325 T:695
2012/11/18 L:345 R:340 T:685

2013/01/23 L:405 R:420 T:825
2013/03/17 L:415 R:380 T:795
2013/05/26 L:405 R:400 T:805

2014/05/25 L:390 R:360 T:750

2014/12 L:445 R:405 T:850

2016/6 L:440 R:320 T:760

カテゴリ
リンク
検索フォーム
PVアクセスランキング
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。