1/31

おつかれさまです!
本日の学習内容を振り返ります。
本日はマーケティングの製品計画(主にブランド計画)で、12問ほど進めました。
以下内容。
・ブランドの定義
・ブランドの機能
・ブランド・エクイティ
・ブランド・ロイヤルティ
・ブランド連想
・PB
・ブランド・エクステンション
・先発ブランドの優位性
・ブランド・エレメント
・ブランド・ライセンシング
・ブランド・アイデンティティ
・成分ブランド
・PB導入における効果、導入により生じること
導入するときにどうなるのか、という視点が大事。
・ダブルチョップ方式
・ブランド知識、ブランド認知、ブランドイメージ、ブランド再任、ブランド再生
・ブランドネーム
・スローガン
・ジングル
・パッケージ
本日はここあたりまでです。
これらの用語の定義や簡単な説明はできて当然で、それが問題ででてきたときにどうやって考えて処理をするかが大切。
知識はあるのに間違えるということは本当は避けたいけれども、実際はそういうことが多発するっていう事態はあるんじゃないかと思う。
できるだけそれを乗り越えるためにはどういう視点でテキストの知識や過去問の文章と向き合うか。
その考えをある程度早めに構築する必要がある。
今日もスタディプラス経由でありがたい助言メッセージをいただきました。
合格へ向かうための戦略や目標、そういうものを見据えて科目ごとに緩急をつけることも必要かも、と思います。もちろん、すべての科目はまんべんなく勉強することは当然だけれども、高得点を取りたい科目はどこまで背伸びして学習するか。
反対に苦手科目などは何をどこまでの学習にして、どういう知識を定着させる必要があるのか。もちろんそれらも過去問が教えてくれるんだけれども、その過去問もどこまで足を突っ込むのか。
すべてをしっかりとできる人であれば良い。
今、自分の場合は7科目ある中の4科目目の学習をしているが、残りまるまる3科目は手つかずのまま残っている。
仮にひと月で一科目一通り学習できるとしたら、3か月。つまり4月か5月ごろまでは初めての科目の学習をしていることになる。既習の科目は復習をしているが、完璧に全科目復習体制になるには、年度が替わってからになるのが濃厚。
こうなってくると、本試験まで約4か月の段階で7科目の復習になる。
正直、これは受かるだけのしっかりした点数を取ろうと思うと結構厳しい状況じゃないかと思う。
周りはみんな同じ条件で戦っているのは理解できるが、一年に一度の試験なため、とにかく試験までは全力で向かいたい。
今後、学習を続けながら、試験に向けて戦略を途中で修正していく必要がでてくるかもしれません。、
また何かあり次第、ブログに記していきます。
スタディプラスで一次試験突破のための助言を下さっている方(1名)、大変感謝しております。
とにかく、明日も頑張ります。
皆様のおかげで、ブログランキングはここしばらく、1番をとらせていただいています。
もしよろしければクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

1/30

お疲れ様です。

本日の学習箇所はマーケティングの消費者行動。

本日から消費者行動に入りましたが、約25問ほどの過去問はすべて終わらせました。

今後、何度も復習を繰り返すということになります。

ほんとうにざっくりと内容を記録。

・知覚リスク
・認知的不協和
・バラエティーシーキング
・ブランドスイッチング
・ライフサイクルアプローチ
・ライフスタイル・アプローチ
・ライフコース・アプローチ
・購買意思決定プロセス・・・問題認識、情報探索、代替案の評価、選択、結果の評価
・知覚マップ
・商業的情報源、公共的情報源、個人的情報源、経験的情報源。この4つのうち、最も影響力の多きものは個人的情報源。
・クチコミ
・選択的注意
・準拠集団・・所属しているかどうかは限らないことが重要
 一次集団、二次集団、公式集団、非公式集団、願望集団、分離集団
・オピニオンリーダー
・マーケットメイブン
・同調圧力
・AIDMA・・・注意、興味、欲望、記憶、行動
・AISAS・・・注意、興味、検索、行動、共有
・ショールーミング
・最寄品、買回品、専門品・・・このあたりは運営管理と被る。
・インストアマーチャンダイジング
・クロスマーチャンダイジング


とりあえず、キーワードだけでも、綴りました。

マーケティングは組織論と比較すると、非常に面白く、興味を持てる分野なので、スムーズに進みました。

一度学習されている方はキーワードから内容を思い出してみてください。

単なる思い出しも大切ですが、過去問でどのように問われていたか、どのような文章で出てきて、理解があやふやだったか、そういうことを考えながらキーワードと向き合うと、得られるものが多くなると思います。

今日は眠いながらも目をこすって学習した。

サラリーマンの受験生で眠い人も多いと思うけど、そういう時にしか差がつかないんじゃないかと思う。
自分が眠たくなる時があるということは、周りも眠たくなる時があるということ。

勉強は自分との戦いだが、周りとの戦いでもある。

だれと勝負してるか、そういうことではないが、自分の成績をあげたければ、とにかく勉強する時間と密度を増やすことしかない。

今日は眠いながらも頑張った。

引き続き、明日も頑張ります。

明日の勉強範囲は製品計画です。

今日はスタディプラスで諸先輩から非常に丁寧に一次試験の企業経営理論の勉強方法を教えていただきました。

また時間があればこのブログでもまとめてみたいと思います。もちろん、人により得意不得意の科目が異なるので、受験生全員に参考になるかどうかはわかりませんが、教えていただいた方の好意もありますので、余裕があれば近日中にまとめてみます。

もしよろしければブログランキングのクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

1/29

お疲れ様です。

本日もまとまって学習できました。

また、本日で企業経営理論の組織論が終わりまして、マーケティング論に入りました。

組織論はあまり得意になれそうにないですが、何度も回転して覚えやすいように工夫していきます。

以下、本日の勉強内容。

組織改変革から
・コミットメント

・組織慣性

・有能さのワナ

・変革マネジメント・・変化に対する、抵抗、混乱、対立の3つが生じていく
これら3つの対策として、
①移行状態のマネジメントを専門に担当する管理者およびチームを編成すること
②トップマネジメントがこの移行管理チームを全面的にサポートし、彼らが職務を完遂できるように支援することが必要

戦略的組織改革プロセス3つ
①変革の必要性の認識
②変革案の創造
③変革の実施・定着

・組織スラック

・組織が変化に対抗する理由
①構造的慣性
②変革の限られた焦点
③グループの慣性
④専門性への脅威
⑤既存の権力関係に対する脅威
⑥既存の資源配分

・コンピンテンシー・・・職務遂行の能力や適格性
・コミットメント・・・果たすべき約束とそれに伴う責任や覚悟

・環境の変化と組織慣性


次に、人的資源管理から労働関連法規

この分野は、いかに上手く問題を捨てるか!が重要になってくるので、過去に何度か狙われた基本的なところだけしかやってません。
ざっくりとだけ書くと、

・労働基準法の労働時間、割増賃金、解雇制限、就業規則
・労働安全衛生法
・労働保険、社会保険、労災保険

くらいです。

次に、人的資源管理から、
・能力開発CDP(キャリアディベロップメントプログラム)です。

CDPは、企業ニーズに合致した能力を持つ人材の育成と、社員のキャリアプランの実現を目指して行われる長期的、計画的な職務開発および能力開発のことで、多くの場合、教育、研修制度とジョブローテーションなどの異動・配置制度等の諸施策を組み合わせ実施される。

労働関連法規からは5問、人的資源からは1問なので、人的資源はでそうなとこだけ押さえておきます。
労働関係法規はどこがでるかわからん!ので、上にあげたとこでも、とりわけよく狙われている観点だけ覚えます。


試験科目は7科目で、足切りさえかからなければよい科目というものが出てくると思うが、自分の場合、もしかしたら企業経営理理論かもしれない。



さらに、マーケティングにも入りました。

・マーケティングの定義
1960年、2004年、2007年の定義を30回音読して、暗唱できるようにすること。
まるまる穴埋めがでることが考えられるため。

定義が新しくなるにつれて、マーケティングの対象の範囲が広くなってきていることに注意する。

・ソーシャルマーケティング
営利組織である企業が従来行ってきた利益中心のマーケティングとは異なり、社会貢献や社会的存在価値を示すために行うマーケティング活動のこと。
非営利団体や政府機関が行うマーケティングもソーシャルマーケティングと呼ぶ。

また、コーズリレイテッドマーケティングもソーシャルマーケティングの一部。
これは一度2次試験でも問われたことがある。


次に、マーケティング計画と市場調査
・市場細分化、目標設定、市場調査手法、留意点
・ターゲットマーケティング
・質問法、観察法。実験法

・各象限の売上高の変動パターン

・市場占有率でのポートフォリマネジメントでの相対シェアの計算方法
・市場占有率の算出方法。自社の当該製品の国内向け出荷額、当該製品に関する国内の全事業者による出荷額、当該製品に関する海外からの輸入額を用いる。

。ハーフィンダール指数の計算方法・・すべての企業の市場占有率の2乗和
・市場細分化の評価方法
測定可能性、利益確保可能性、差別化可能性、到達可能性、実行可能性

エイベルの理論
・市場専門型
・製品専門型
・選択的専門型
・単一セグメント集中化
・全市場浸透型

コトラー
・無差別化
・差別化
・集中型


・スーパーセグメント

・デモグラフィック変数
・サイコグラフィッ変数

製品のライフサイクル
4つの期の戦略

・コーザルデータ
・コウホート分析
・デプスインタビューとグループインタビュー


・一次データと二次データ
一次はアンケートやインタビューによる独自データ
二次は統計資料やレポートなどの既に収集されたデータ



とりあえず、ざっくりとした勉強記録ですがここまで。厳密にはもっと様々な知識はあるが、よく見るものだけでも書きました。

書き疲れました(笑)

こう振り返ると、初めての分野なのに結構勉強したんだな、と思います。
マーケティングは専門でやっていたため、厳密には初めてではないですが。診断士でははじめて。

明日からまた会社ですが、平日もできるだけ勉強時間を確保して頑張ります。

もしよろしければブログランキングへのクリックお願いします。
現在、ダントツで1位を突っ走ってます!


人気ブログランキングへ

1/28

おつかれさまです!

本日は一日勉強できただけあって、それなりに学習が進みました。

以下、本日学習したこと。多いので少しメモ的に。

・モチベーション理論
内容理論
・マズローの欲求五段階説
・アルダファーのERG理論
・マクレラン殿達成動機説
・アージリスの未成熟成熟理論
・マグレガーのX理論・Y理論
・ハーズバーグの二要因論

過程理論
・期待理論
ブルームとローラーの考え

・公平説
・目標設定理論



リーダーシップ
・行動理論
リッカートの説
システムⅰ~ⅳに分類、それぞれ内容は覚えること

・二次元論
マネジリアルグリッド論
9-9型が望ましいが、ほかの型も内容も覚えること。

・PM理論も大事。目標達成能力Pと集団維持能力Mがともに高い状態のリーダーシップが望ましい。

・状況理論
パスゴール理論
コンティンジェンシー理論
SL理論


組織文化

経営理念

コミュニケーションネットワーク



組織活性化
・コンフリクトマネジメント
集団の凝集性
集団思考グループシンク
集団傾向グループシフト
組織学習
・低次学習と高次学習
・組織学習サイクル

組織間関係
・資源依存
・取引コスト
・正当性
・組織均衡論
・中心的公準


企業統治(コーポレートガバナンス)

組織のパワーとポリティクス



とりあえずここまでやりました。

かなりざっくりしすぎてますが、頻出事項ばかり並べたつもりです。

一応、キーワードだけでも見直すと、思い出す効果がでるので、もし受験生がこのブログ見てましたら、キーワードだけ見て内容がしっかりと思い出せるか挑戦してみてください。


それにしても。企業経営理論苦手です。

でも、四の五の言う前に、全体を通してみて、再度復習をすると、案外すんなりいくのかもしれませんね。

明日も企業経営理論ですが、まだまだガツガツ進めていきたいと思います。

もしよろしければ、ブログランキングのクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

1/27

お疲れ様です。

今日は昨日に引き続き、組織論を学習。


簡単に、今日の学習内容。

組織の構成原理を学習しました。以下概略。
・専門家の原則
・権限責任一致の原則
・統制範囲の原則
・命令一元制に原則

・権限と権力、責任の定義をしっかりと確認して頭に入れておくこと。
過去問で、組織の中での権力や権限の定義が理解できているか聞かれる問題があるため。

・職務エンラージメント、職務エンリッチメントの理解
エンラージメントは複数の職務について責任を持つように職務をデザインする方法のこと
エンリッチメントは同じ職務範囲で仕事を高度化すること。

つまり、仕事を横に広げるか、それとも一つをもっと深くするか、ということ。
また、エンラージメントとジョブローテンションは似て非なるもの。

気になる方はしっかり確認したほうがいいと思います。
定義のレベルから落とし込んで理解する必要があるなぁと思った。

また、エンパワーメントもある。権限委譲。
部下に権限を委譲するけれども、責任は上司も負いますよ!ということ。

簡単にここまで。

あとは、管理の幅(span of control)も気になったが、広くなるか、狭くなるか、逆に考えないようにきをつけること。

今日はすんなり理解できたと思う。
組織論は苦手だけれども。

でも、一つでも多くしっかりと頭に整理して入れていくこと!

辛くなったら目標を思い出す。資格を取った後の世界を想像する。その先にあるものをわくわくした気持ちで考えるようにする。

そういうことをすると、自然と勉強のやる気がでてきます。(自分の場合。)

本日はこの単元に入って初めての内容だったけれども、過去問の9問解いた。
テキストも一通り読んだ。

明日は今日の復習から入り、5時間以上の勉強時間は確保します。

できれば10時間勉強したいが、少し厳しいかもしれない。

とにかく、できるだけ頑張ります。

もう、目標がきまっている以上、結果を求めて突っ走る限りです。

本日の学習時間は1時間半くらいでしたが、かなり集中できたと思います。

ブログランキングへ参加しています、
本日の内容が参考になったと思う方はクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

1/26

お疲れ様です。

本日は仕事終わりに用事があったので、ほとんど勉強できていません。

通勤時間の合計30分ほどです。

しかも復習をしていたため、進捗はないですが、昨日の組織論に入ったことの内容報告と今日の復習内容。

組織論の中でも、組織形態についての学習です。

・職能別組織
・機能別組織
・事業部制組織
・マトリックス組織


特に、機能別と事業部別のメリットデメリット、それらの特徴についてしっかり覚える必要がある。

マトリックス組織はいいとこどりの組織だが、意思決定のプロセスが不明確になることと、内部調整が多いため、業務プロセスが複雑になることがデメリット。

また、組織構造のデザインのコンティンジェンシー理論や海外進出の各段階に応じた組織形態。

海外進出の段階とは、国内経営段階から、国際化段階、多国籍化段階、グローバル化段階の順で高度化していくことの段階。

これらの海外進出の段階とどの組織制度がマッチするか。それは両方の特徴を抑えておく必要がある。

これらの問題をするにあたって、組織構造のメリットデメリットをしっかりと頭に入れていないと途端に意味が分からなくなるため、整理していく必要がある。


組織論もあまり得意ではないが、できるだけ、一つでも多く頭で整理していきます。


まだ復習内容はいろいろとありますが、大きく重要だと感じたところは記したところ。


今日は30分くらいしか勉強できませんでしたが、そんな日もある!

大丈夫、もうすぐ週末。

全国のサラリーマン受験生の皆様、毎日まとまった時間を取ることは難しいけど頑張ろう!

自分ならできる!と信じて。


応援したい!と思った皆様、ブログランキングのクリックお願いします。



人気ブログランキングへ

1/25

お疲れ様です。

昨日の続きからで、企業経営理論の企業の社会的責任CSRを学習しました。
そして、本日は、その他経営戦略に関する事項としまして、アライアンスやリストラクチャリング、集積のメリットなどについて学習しました。

以下抜粋と書いて、今までのように書きたいのですが、この項目はあまりにも問われる内容がバラバラすぎて、書き始めるとやったことすべてをつらつらと書いてしまうことになるので、本当に少量だけ。

・製品、サービスのクレームについて
どのように対応するとクレームが少なくなるか、もしくは、どのような対応をしてしまうとクレームがより発生するようなるか。
社内意思決定や社内報告が遅れることで、必然的に外部にも遅れる。それによりクレームが生じることもある。

・環境問題なども企業の社会的責任として認識。
経済学でもやる、ピグー税の導入で公害の発生を抑止。
生産量に応じてかけられる、アレです!アレ!

だから生産量の多い大企業がピグー税をかけらえれる対象になってしまうと、大変なんですね!って経済学でやりました。

・アライアンスとアウトソーシング
・ベンチャー企業と集積の効果、メリット

狭い地域に同業種の企業ができ、産業が発展することで、競争は激化し、技術的な発展が急に起こることがある。


とりあえずこれだけ。


これで、企業経営理論の第一章、企業戦略論が一通り終わりました。
明日からは復習もしながら、次の第二章の組織論に入ります。

マトリックス組織とかですね。

用語だけちょくちょく知ってます。

今日は少し眠たいけど、お茶でも一杯飲んでから、組織論に少しかじります。

明日は用事があるので、勉強時間は少なくなりそうですが、何とか報告できるように頑張ります。

おかげさまで、ブログランキングは好調です!

みなさんのおかげです。
まだまだ頑張りますので、クリックお願いします!


人気ブログランキングへ



1/24

 お疲れ様です。

本日からスタディプラスを始めました。
スタディプラスの参加者はすごい勉強熱心な人が多く、診断士の合格率も高いようです。

3年ほど前に、スタディプラスを利用したことがあったのですが、当時はストップウォッチで時間を計っていたこともあって、使い辛さを感じ、利用しておりませんでした。

しかし、現在はストップウォッチを持ち歩くこともなく、時間を計測したいときが多いので、そういう意味ではスタディプラスは役にたっていると思えます。

これからスタディプラスを利用していきます。


<本日の学習内容>

国際経営(グローバル戦略)から
・現地市場への成功事例における現地対応策について
 日本と異なる市場になるので、そこでの優位性を確立する。現地に即した経営の展開。
 低所得層が多い国での対応方法。

・海外でモノづくりをする際に注意すべき点や考慮すること
部品のサプライヤーとして進出する場合にはアセンブラーとの連携をとることが非常に大事。現地での販売先を確保できる見通しをつけることも大事ではあるが、アセンブラーに比べると必須ではない。とにかく、アセンブラーは大事。

国内では産業の空洞化や国内市場の縮小で低迷に直面するが、海外進出をしても問題に直面する。

汎用商品では、商品の差別化は難しく、成長にはつながりにくい。


・リバースイノベーション
機能がシンプルで低価格の製品を新興国で開発し、新興国内だけでなく、先進国にも事業展開する戦略のこと。

・中小企業が商社に仲介をうけながら、現地パートナーと合弁企業を営む場合の考慮する点。
 現地企業が経営努力とは無関係に配当を要求することへのトラブルがある。

・電機メーカーの生産の国内回帰について
 技術開発のスピードアップなど、国内開発拠点を重視する意見が多いが、デジカメや携帯電話などのデジタル製品はモジュール化が進んでいるため、垂直統合ではなく、海外での生産が可能。ハイテク製品はすり合わせが必要なため、国内拠点での生産や開発が重要になってくる。



一旦ここまで進みました。
もう少し頑張れるので、次の企業の社会的責任(CSR)へも今日足を踏み入れて、もう少し頑張ってみようと思う。

今日はこれでいいやって思うより、もう少しでもあと1ページでも読める気力が残っているなら、もう少し頑張ってみようと思う。

きっとこういうことの積み重ね。

上で書いた内容は、読めば当然なんだけど、5択みたいな問題になれば、とたんに迷う選択肢が出てくる。
もちろん、悩んでしまうのは仕方がないのだけれど、これから少しずつ知識をつけていって、少しでも絞れるようにしていく。
そのちょっとずつの作業が積み重なるだけで大きく変わるんじゃないかと思う。

勉強は周りと競争してるように見えて、結局は自分との闘いであることが概して多いと感じる。

その自分との闘いをどうやってモチベーションを高めながら克服していくか。それは個人個人のやり方にかかってると思う。

僕の場合は、ブログランキングに参加して順位を少しずつあげていったり、拍手の数が多くなったりすることもモチベーションアップにつながるし、日々ブログでやったことを記載していくことも勉強のモチベーションにつながっている。

ブログを最近書き始めて、スタディプラスも今日から開始したが、すでに4科目目に突入していて、今までも記録しておけばよかったと思うことはあったが、そんなことを考えても仕方がないので、これからしっかり書いていく。



スタディプラスからこちらに来てくれる方が少数ながらいてくれるのではないかと思うので、そういう人に見られても恥ずかしくないように勉強を綴っていきます。

先ほど、ブログランキングを見たら、無事1番になっておりました。
何度もしつこいですが、このブログランキングはジャンルも相まってか、参加者が少なく競争が激しくないので1番になれています。

でも、それでもいいのです。

小さな市場でも1番になり続けることは非常に大事で、大切にするべきことで、継続させるに価値のあることであると思っています。


これからもどんどん上を目指していきます。


もう少し勉強して、0時までには寝ます。

今日の一日も最後の最後まで頑張って、力を出し切ってから0時までには寝ます。

yun


もしよろしければクリックお願いします!


人気ブログランキングへ





1/23の学習内容

本日は、会社から帰宅後、1時間半ほど勉強しました。

企業経営理論の技術戦略と研究開発管理でした。

個人的に、研究開発管理はかなり苦手です。二択にしぼれても、ほとんど間違えるという失態を犯しました。

まぁ、今の段階で間違えることはいいことだと信じて、学習を進めていきます。


本日の学習内容

技術戦略から
・プロダクト・インテグリティ
・イノベーションジレンマ
・情報の粘着性
・後発企業の市場参入


研究開発管理から
・魔の川(デビルリバー)
・死の谷(デスバレー)
・ダーウィンの海
・製品開発戦略の展開に結び付く研究開発の在り方


その他こまごまとやりましたが、メインは上に書いたとおりです。

一日あたりの勉強時間について、まとまって確保できないので、日々の積み重ねが大事。ほんとに。

いつまでに何をやるか。もう一度目標を整理したいと思います。

先日から参加しているブログランキングですが、一時的に1位になってました。現在は2位ですが(汗)

もしよろしければクリックお願いします!


人気ブログランキングへ

yun

1/22の学習内容と今後のブログの方向性


お疲れ様です。

少しブログ更新が遅くなりました。

本日(1/22)は正午過ぎまで名古屋におりまして、午後2時ごろから学習開始でした。

3時間ほど昼間に勉強したのですが、簡単に内容を。


企業経営理論の
<競争要因分析から> 本日学習した主なもの。

・生産数量や費用構造の変動と競争状況での情報の非対称性、企業の費用構造が同質化したときの競争状況、需要の価格弾力性と価格競争の有無、費用構造が収穫逓増のときの規模拡大のリスク。

・タイムベース競争の具体例。商品の価格や品質によって商品の差別化は可能だが、それだけではなく、時間も競争優位になりうるということ。

現実では、アスクルみたいな企業は商品が届くまでの時間に対して、競争優位を持ってるといえそう。
もちろん、競争優位ということは比較する対象がいてのことですが、そういうのは当然、前提としての話です。


・中小企業がとるニッチ戦略についてのこと。
これは自分の得意分野なので、理解が速かったです。個人的にはランチェスター戦略が好きです!

・ITの事業の特徴。

・ライバルとの競争を回避して、収益を獲得する経営方法について。ex特許や技術漏洩の防止策など

・他社の模倣や追随を受けにくい競争優位を構築する重要性。


次に、
<技術戦略の分野から>

・デファクトスタンダードについて。
業界の標準化団体や国際機関などの承認の有無にかかわらず、市場動向や評価などにより、事実上の標準規格として市場に広く受け入れられた規格のこと。
例えば、ビデオテープ戦争に代表されるような、ベータとVHS。その他、パソコンのOSのマックとウインドウズにおいて、ウインドウズはIBMとの協力を経て世界のデファクトスタンダードになれたことなど。

デファクトスタンダードとは反対に、デジュリスタンダード。
ISOなどの標準化機関の認定を受けた規格のこと。

デファクトスタンダードになると、規格ができあがった上で多様な企業との競争になるため、価格競争が激化。さらなる理由としては、機能面での差別化が難しくなるため。
デファクトスタンダードの規格が登場すると、ライフサイクルを導入期から成長期へ加速させる。


・モジュール化とインテグラル化
モジュール化は部品の組み合わせで製品ができる、インテグラル化は組み合わせたうえで調整が必要となる。
モジュール化が進むと、似たような製品が出るので、差別化が難しくなる。また、モジュール化が進むのは、製品のインターフェースであり、部品は改良が繰り返し行われる。

これはパソコンをイメージした。部品はCPUなどのパーツのことで、マザーボードやCPUなど個々の部品をつないだりするのはモジュール化される。ウィンドウズPCの箱のイメージ。
CPUはコアi5やi7など、改良が進み、だんだん処理速度が速くなる。
そんなイメージで覚えた。

あとは、完成品メーカーと部品メーカーのふるまいの違い。




ざっくりとですが、本日の勉強内容はここまで。
今日は過去問50ページくらいして、関連するテキストの部分読んで理解を進めました。



今後のブログの方向性ですが、学習内容をざっくりとでも記録していきます。

一応、診断士を受験する人が見たら、だいたいどういうことしてるのかわかるであろう書き方をしていこうと思います。

時間がなくてもキーワードだけでも記して、備忘録的のような形で終わることもあると思いますが、yunがどの辺まで学習が進んでいるかを記していきます。


ついでに、

財務 → 運営管理 → 経済 → 企業経営理論 (現在) → 経営法務(予定) → 情報システム(予定) → 中小企業政策(予定)


という流れで進めていく予定(学習する順番には特に意味はない)ですので、もしこのブログを見てくれている同じ環境の受験生がおりましたら、見ていただければと思います。

現時点では、5月のゴールデンウィークに入るまで、もしくは、ゴールデンウィーク明けまでに7科目を一通りするプランで勉強を組み立てております。

その後は8月の試験までに何度も何度も何度も何度も復習を繰り返すつもりです。

勉強を開始したのが少し遅れたので、一年目の受験では合格は厳しいかもしれませんが、できるだけ頑張ることを覚悟に決め学習をしています。

このブログは、ざっくりと学習内容の記述ですが、書いてあることに対して、こういうことも大事!や、そんなんじゃ受からないぞ!とか様々な意見があると思いますので、もしよろしければコメント欄に記入していただければと思います。

さらに、私は二次試験は受験しなくてよい人(ほかの方法で資格を取る)なので、二次試験を受ける方には申し訳ないですが、このブログ内容は1次試験を合格することを基準として、書きますので、その点ご了承ください。


また、今後のブログは自分の記録の手助けに加え、できれば周りの受験生にも有益な情報を整理できたらいいな、と少しは考えておりますので、時々このブログを見に来てくれればうれしいです。

ということで今後もお願いします。

先日から参加したブログランキングですが、
参加者や市場が小さいことが相まって、なんと!!すでにランキング2位に君臨しておりました。

今後はもっと上を目指して、ほかの学習者とともに試験まで頑張っていきたいと思います!


それでは、明日に備えて寝ます。

yun

もしよろしければ、ブログランキングをクリックしてランキングを見ていってください!





1/20

金曜日の夜から日曜日の午後までは名古屋にいるため、勉強できせん。
日曜日の午後からはまた勉強開始予定です。
昨日の記事が消えたときに書いてたことを少し。
PPMは、縦軸に市場成長率、横軸にマーケットシェア。
4分類。花形、金のなる木、問題児、負け犬。
資金供給源を聞いてくる問題がちらほら目立った。
もちろん、各分類における特徴は暗記するのは当然。
この科目は選択肢の作りが変なこともあって、勉強して覚えた知識が点数にうまく反映されない科目であることがわかった。
勉強していなくても、ある程度取れる反面、確実に合格基準点を取るのはなかなか厳しいのではないかと。
なかなか難しいところですが、めげずに続けていきます。
大きく3分野。経営、組織、マーケティングについて問われる科目。
マーケティングは自分の得意分野(一応、大学のマーケティング論文で優秀賞とった)なのでおそらく大丈夫だとは思う。
テスティングポイントはどこが狙われているのか、が最も大事で、適当に勉強してたら時間がいくらあっても足りない気がする。7科目もあるし。
とにかく、目の前のことをきっちりこなしていきます。
もう、ここまでくると自分との戦いになるけど、自分で目標を立てて達成していく過程っていうのは必ずしも辛い部分は出てくるんじゃないかと思う。
周りよりも点数を取りたければ周りよりも効率よく勉強を積み重ねること。
周りよりも多くの時間を勉強に費やすこと。
とか言いながら自分はこの2日間、勉強できないけど。
隙間で復習だけはしていきます。
学生の時はわかっていたけど、実感がなかった。
そして、社会人になってから実感したことが1つある。
心の底から大事だと思うことを実感できた。






それは、、、









それはね、、、








時間は大事!!!
ということ。
仕事をしっかりするのは当然みんながしてることだから、それ以外でどれだけ自分の時間を取れるか、にかかってる。
目標があるならやるしかないでしょう。
本気で。
その目標を達成した後にやりたいことを思って。
yun
先日から人気ブログランキングへ参加しています。
クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

1/18.19の学習内容

2回もブログ書いたのに2回とも更新されず記事が消えた。

せっかく勉強内容しっかり書いたのに。くそー。

もういいや。

2日間、勉強はしてました。


こういうことあるとブログ書く気力がそがれるよね。

なんとかしてほしい。

PPMなど学習した。

超ざっくり。

今日は寝ます。

なぜ一回目に消えたのに、2回目に書き終わった後に書いた内容をコピーしなかったのか。
そこは自分に非があるよね。

次回から気を付けよう。

いいことを経験できた。


先日から人気ブログランキングへ参加しています。

クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



一日の重み


普段、朝から日が暮れるまで仕事をして、それから勉強となると、(もしくは朝勉強)やはり日々の積み重ねが大切になってくる。

一日の重みは日々の中で感じなかったとしても、後悔にかわって後でまとまって自分に返ってくる。


今日、どこかで目にしたが、40歳前後の人たち(労働人口か実際の人口かは定かではない)は一つ年齢が上がっても、各年齢に約240万人いるらしいが、20歳前後で考えると、各年齢に120万人しかいないらしい。

自分は25.6年と生きてきて、もう20年以上も生きてきたのかと思うこともあるが、個人の20年と集団の20年って全然違うな。

びっくりした。

個人的なミクロの世界か、全体を考慮したマクロの世界かっていうだけで。

個人が寄り集まって集団になるけれども、自分と同じように生活してる人っていうのはあんまりいないし、個人の行動の結果や考えと団体の行動の結果や考えって全然違うし、年月が経つと大きく結果に表れるようになる。

長い年月をかけてできたものも、日々の積み重ねの結果であって、個人の集まりが集団なわけです。

全体を考えすぎて自分の行動をおろそかにするのもだめで、自分の考えだけで行動していてもだめで、両方を考慮して中庸なところで、かつ自分なりに日々頑張り続けられるのがよりベターなのかなって思った一日でした。


今日の勉強内容は、企業経営理論のドメインに関することでした。

テキストと過去問。
企業ドメイン、事業ドメイン。

明日の通勤電車の中で再度復習を行います。


本日もお疲れさまでした。

yun

先日から人気ブログランキングへ参加しています。

クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



明日から4科目目。

今日は3科目目の経済の復習をしていました。

明日から4科目目の企業経営理論へ突入します。

ここまで、財務、運営管理、経済と進んできまして、次に経営です。

個人的には単なる暗記よりも理解を含んだ計算科目が得意なので、財務と経済はすごく理解しやすかったけれども、これからは暗記ばかりになります。

7科目で試験が8月なので、やはり時間が足りなくなるかもしれない。

あせらず、先のことも見越しつつ、もう少しスピードアップを目指して、取りくんでいきます。

なんとしても結果を残したい。

一年目の挑戦で無理でも、翌年も視野に入れてはいる。でも、できれば一年で合格したい。
あと半年とちょっとですが、しっかり計画を練りながら進めいていきます。


先日から人気ブログランキングへ参加しています。

クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

3科目目一通り完了


年明けから開始した3科目目が一通り終了しました。

科目は経済で、過去問のページ数は約650ページでしたが、自分の専門科目だけあってスムーズに進みました。

一通りといて理解するのは当然にやるべきことであって、本試験までには何度も解いて、周辺知識を吸収して、ということをひたすら繰り返すつもりでいます。

通勤時間は復習をして、机にかじりつける時間は次の4科目目に突入したいと思います。

どの科目をするかは迷いましたが、こちらも自分の得意分野の経営の科目を攻めていきます。

過去問約800ページ強ですが、こちらも整理しながら、かつなるべく早く一通りこなしていきます。

ここでいう一通りとは過去問おおよそ11年分を分野別に解きながら、参考書を見ていくというもので、どんな観点で問われているかなどをみて、解説を自分なりにわかりやすく書いておく作業です。

あくまでも作業の部類です。もちろん、暗記しながら進めていきますが、忘れていくことが前提なので、後で見返した時でもすぐにわかるように記入しておきます。

2月は研修で千葉に行ったりと予定がそこそこ埋まっているので、なるべく早くこちらも進めていきます!

今日は寝ます!!

また進捗状況を書きます。

最近の勉強時間は平日3時間、休日の予定が埋まっていなければ6時間くらいというところです!

おおよそですが、それくらいです。

これからもこのペースで進めていきます。


クリックお願いします!

人気ブログランキングへ

3科目目突入!

年明けで3科目目に突入しました。

3科目目は経済です。

自分の専門は経済、経営だったので、少しは楽に進めています。

今までに学習していた経験があるので、試験の過去問に載っている問題を見るのは初めてでも、今までのストックがある分、それほど難しくは感じません。

年も明けましたし、少しスピードアップを意識して、学習を行っています。

なんといっても7科目あるので、試験ぎりぎりで7科目目がようやく終わった、という状況では話にならないのです。

少し早めに全体を終わらせて、残りの時間で穴を埋めていくような作業もして試験に臨みたいと考えています。

とにかく、今は目の前の問題をひとつずつ潰していくということに注力していきます。

2017年

あけましておめでとうございます。

ブログを書くのが1日遅れましたが、2017年が始まりました。

今年がみなさんにとってよい一年となりますように。

そして、自分自身、もっと成長できるように頑張ります。

昨日今日と、家の手伝いをしながら、それらの間で勉強をはさみました。

明日からは通常通り勉強時間を確保できそうです。

今年の目標は、毎日の生活リズムを大切にして、今後も続けられそうな生活の仕方を構築していくこと。です。

結果は習慣が身についてこそ現れるものだと感じております。

年末から、一日10分の瞑想をはじめましたので、それも日常の一部としていきます。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

yun

Author:yun
よろしくお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
TOEIC受験成績!
2010/05/30 L:225 R:165 T:390
2010/09/12 L:235 R:210 T:445
2010/11/28 L:245 R:195 T:440

2011/05/29 L:330 R:260 T:590
2011/09/11 L:320 R:275 T:595
2011/11/27 L:335 R:380 T:715

2012/01/29 L:380 R:345 T:725
2012/03/18 L:370 R:325 T:695
2012/11/18 L:345 R:340 T:685

2013/01/23 L:405 R:420 T:825
2013/03/17 L:415 R:380 T:795
2013/05/26 L:405 R:400 T:805

2014/05/25 L:390 R:360 T:750

2014/12 L:445 R:405 T:850

2016/6 L:440 R:320 T:760

カテゴリ
リンク
検索フォーム
PVアクセスランキング
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村