マインドセット

こんばんは!

今日の勉強時間は8時間17分。

今日も3時間ほど途中で寝てしまったため少しロスしました。

明日はちょっとだけ遅く起きます。



今日のブログは最近本読んでて気づいたことで、勉強にも活用できることを書きます!

でも始めに言っておきますが、これは僕の個人の考えが入っているので信じなくていいです。

ここに書いてあることに懐疑的な人もいるだろうけど、こういう考えをしている人もいるんだなっていう感じで流して頂ければと思います。




タイトルにも書きましたが、マインドセットについて。

心理学でモデリングっていう考えがある。

一つのことを見本(モデル)にして、そのものの動作や行動を完全にまねして、同じ動作や行動をすることがモデリング。

これって、読んだら当たり前のことって思われるかもしれない。

でも、実践できてる人ってあんまりいないんじゃないかって思う。

TOEICの勉強もスコアUPを目的にするのなら絶対にモデリングを使った方が上達が早いと思う。

このモデリングって、ただ単に同じことするんじゃなくて、思考パターンもできるだけまねする方が良い。

例えば、勉強法って色々なやり方があって満点講師の方でも色んなやり方を提唱してる。

とにかくスコアを上げたかったら模試を解けとか、一冊をぼろぼろになるまで繰り返してすべてを吸収しろ!とか。他にもあるとは思いますが。

前にも書いたけど、これは実際に講師の方々が言っていることなのでどれも正しいと思う。

でも、それをどうやってしたらいいかっていうことまで言及してくれている人って実は多くないと思う。

具体的には、模試を解きまくれって言う人は解いた後の問題へのアプローチはどうするか、とか、いっぱい問題を解いていく中でリスニングの復習方法はどうするか、とか各パートどうやって攻略するかとかetc...

モデリングっていうのはそういう思考パターンまでも完全にまねすることが必要だと思う。

で、僕がTOEIC初心者だった時はTOEIC界でどういう人が有名なのか、勉強方法はどうするのがいいかっていうのがわからずに自分がやったらいいと思った勉強法をとって適当に問題集解いたりしてた。

その結果、スコアが全然あがらなかった。

今になって思うけど、初心者ほど勉強しなきゃって思うんではなくて、勉強方法を調べる時間をある程度取った方が良いと思う。

様々な先生や講師の方がいてそれぞれの勉強方法が提唱されていますが、いったい自分はどの先生のどの勉強方法で勉強を進めるのかっていうところを自分のマインドに焼き付けた方が良い。

それで、その勉強法以外は排除する。

ただひたすら一人の先生のやり方についていく方法がいいと思う。

近くにその先生の教室があるのならその教室に通うのがおそらく一番上達がはやい。

でも、無意味に考えを持たず教室に通うのなら伸びは少ないと思う。

結局、自分が信じることのできるやり方を貫き通すのが一番の上達方法だと思う。

モデリングの間違えたらいけないところは、自分が信じる対象が曖昧なのかしっかりしているのかということ。
自分が信じる対象っていうのは、先生や考え方の部分です。
曖昧な場合、それはやめた方が良い。

完璧にマインドセットする。

似たような考え方に"守、破、離"っていう武道由来の言葉がある。

モデリングと必ずしも同じという訳ではないけど、比較するならモデリングは”守”の部分に対応する。

TOEICはおそらく"守"の部分を忠実に行うだけでかなりの高得点が取れると思う。

大量に模試だけ解きまくってて700点代で停滞している人とかいるって聞くことがあるけど、多分その人は模試解いて普通に解説読んで納得して次の模試に取り組む人なんじゃないかなって。

音読とかシャドーイングとかせずに適当に解説だけ読んで納得する。

それだけじゃ上がりませんよ。そりゃあ。

模試解いた後のアプローチも完全にモデリングしないと。

そのアプローチの仕方を言及せずに模試を解いたらスコア上がるってどや顔で言ってる講師の人がいるのなら。僕はその人を信じない方が良いと思います。

その人がそれだけの情報しか言ってなかったら完全にモデリングできないじゃないですか。

解いた後は?復習方法は?いくつの模試を解くのか?
そういう詳細な情報も必要。


例えば、ものすごく良い例をだすとすれば3回チャレンジ法でしょうか。
あれは完璧にまねできますよね。
具体的にどうやって3回目まで解くのか、とか。

まねしやすいですよね。

それもモデリングの一つの例です。

解き方や復習の仕方にもモデリングっていうのがあると思う。

ついでに言うと、解き方で僕自身がモデリングしているのが全力特急のやり方です。

パート3、4の先読みの仕方、著者が基本編のやり方だけでリスニング満点をとったという情報、パート7での文章の解き方、読み方。

この方法を実践して自分は満点を取りましたって言ってることは、それを完璧にマネすれば解き方の部分はそれだけで良いということですからね。
しかも、どうやってやるのかは基本編にまとめられている。
それで、万が一不安なところがあれば本に書いてあるブログに行って質問すれば考えを聞ける。
これってモデリングするのに最高な環境だと思います。

しかも、本に載っているそれらの情報が詳細でまねしやすいですよね。

完璧に一つのやり方に徹底する。

他のやり方を排除して一つのやり方だけに固執する。

パート7については他にも様々な解き方が提唱されていますよね。
各段落の一文目を先に目を通すとか、スキミングするとか。

どのやり方だって正しいと思いますよ。

ただ、自分はどれを信じるか、どれを信じてやり通すか。

情報がいっぱいあって良い時代な反面、情報がありすぎるからこそスコアUPがなかなかできな人もいると思います。

僕もスコアUPをなかなかできない人のうちの一人ですが、今はもう大丈夫です。迷いはありませんから。
次回のテストで大こけしてしまっても、今の方法をとり続けて勉強していけば後に必ずスコアUPすると信じてますので。

結局は、自分がどの方法が一番信じられるのか、どの方法なら勉強し続けられるのか、そういう部分がスコアUPの一因として求められていることだと思います。

もし、300点や400点の人で勉強方法に迷っている友達が近くにいるのなら、僕はモデリングの話をすると思います。

結局、最終的には自分の判断で決めた方が良いと思いますね。

だから僕はあえてどれがいいとか、これ以外はやめた方がいいとかは言いません。

どの勉強方法も正しいと思います。

ただし、色んな勉強法がある中で自分はどれを選択するのか。

それだけです。

最終決定は勉強する本人が決めてる必要がある。

中途半端に色んなやり方を採用するのが伸びを阻害する要因になると僕は考えてます。



とにかく考えたことをかきました。

この記事を見て腹が立つ人もいるかもしれません。

そういう人には申し訳ないですが、ここに書いてあることを見なかったことにして流してください。

モデリングなんてしなくてもスコアはあがりますけど、マネした方が伸びは早いと思います。
ひとつだけ信じて実行していると迷いがないですから。

自分が信じる考え方を持たないまま我流で勉強していると、行き詰まったときに迷いが生じてしまってロスがでますからね。

もし参考にされる方がいましたら今後の勉強法の参考にしてください。



それでは明日もガンバリマス。

yun



P.S
途中で書いた700点くらいで模試ばっかり解いてる人は特定の人物を言っている訳ではないので気にしないでください。一例として書いただけです。

___________________________

5/17の勉強時間  8h17m
4/9〜の累計勉強時間  242h36m

300時間プロジェクト (14556m/18000m)
進捗率 80.86%
___________________________

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
yunさん、これはまさにTOEIC道ですね!!
大学時代に一つのことに注力すること、
できていることは素晴らしいと思います。

全力特急って“型”について書いてある本なんですか。
本屋にいって、読んでみようかな。

今朝は、英語耳を久しぶりに引っ張ってきて三回繰り返した後に
P.110~のParrow's lawの部分を読んでいました。
(ここに書かれていることもまさにモデリングできることですね。)
著者の松澤さんが提唱する学習法を読み
VOAに飛んで、オバマさんのニュースを聞いていました。
なんてオバマさんの声は聴きやすいんだろうと感動。
VOAはTOEIC向けでもあるかもしれません。
息抜きに聞いてみてください。

http://learningenglish.voanews.com/content/obama-administration-proposes-federal-budget/1640085.html

プロジェクト33日目

yunさん、誕生日おめでとうございます!
長時間の勉強が続いていますね。

5月17日(金)の勉強時間は計4時間でした。
心身ともに限界が来たので、仕事帰りに映画を観てきました。
そんなわけで、今朝は5時起きで快調です。
午後からはkiyoさんの学習会に出ます。

出勤前(1.5時間) 究極のゼミPart5&6
往復の通勤時間(1.5時間) 英文法TARGET900、究極のゼミPart5&6
帰宅後(1時間) ETS公式実戦1000LCの復習

4月15日からの累計学習時間 206時間

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。
TOEICの学習を10年ぶりに開始したのが、
今年の1月からの初心者のISと申します。

初心者なので、あまり偉そうなことは言えませんが、
受験やこれまでの仕事などの経験から、
勉強方法を調べることは、
私もとても重要なことだと感じています。

そのため、私はGW中の勉強時間の1/3をそれを調べたり、
教材を決めたり、今後の計画を立てたりすることに使いました。
計画は音読中心の学習にしています。
これから、その計画を実行して目標を達成できるよう
頑張りたいと思います。

yunさんの記事はモチベーションアップにつながるので、
これからも遊びに来させてもらいますね。

No title

ぼはっとさん

コメントありがとうございます。
個人的に全力特急は、これでもかと言わんばかりに丁寧に解き方を示してくれている本だと思っています。
ある程度のスコアを所持している人には当たり前のことと思えるかもしれませんが、満点を所持している人のやり方で、詳細に書かれているので忠実に実践しやすいですし、何よりもこのやり方で大丈夫!という安心感が得られます。

VOAはたまに聞いています^^
5月のTOEIC終わったらポッドキャストにある英語の興味ある音声を聞こうと考えています。

聞いてみます!ありがとうございます^^

No title

りゅうさん

お祝いしていただきありがとうございます^^
といいつつも、友達からメール来るまで自分の誕生日のことを忘れていました(汗)

学習会でみなさんに会い良質な問題を解き、やる気が出ると思うのでうらやましいです。

残り1週間となりました。
最後の週です。お互いガンバリマショウ!!

No title

ISさん

コメントありがとうございます^^
みなさんに批判的なことを思われるだろうと考えながら書いた記事でしたが、そのように言って頂けるとこちらとしても書いてよかったです!

やることをじっくり考え、それが決まればあとは実行、つまり勉強するのみです。

これからの記事がモチベーションの出るようなことを書けるかどうかはわかりませんが、時々このような自分の思ってることを綴るブログを書いていきたいと思います^^
ありがとうございます!

こんにちは(*^▽^*)

yunさん、りゅうさん、ぼはっとさん、こんにちは(*^^)/

yunさんの
>中途半端に色んなやり方を採用

これは、まさに300時間プロジェクトに参加する前の自分ですね凹
楽しそうなものに手をつけて(一応、ちゃんと完走はするんですけど)
あんまり物になっておらず、解いただけになってしまったり…

今回もふむふむ…と納得しながら読ませていただきました。

それからyunさん、お誕生日なのですね! おめでとうございます♪
まだまだ若くていらっしゃるので、これからも色んなことに挑戦していってくださいね。
心より応援してます!

それから、残りもあと少し! どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

No title

ゆりあさん

おつかれさまです!
これは僕の考えなので、もしご自身がそんなわけない!って思われたら無視してくださいね。
はい。今日は誕生日でした(笑)
大量のメール返信作業におわれ、返信後には疲れきって寝てしまいましたので勉強はまだあまりできていません。。

今日は少し遅くまでガンバリマス!

お互いベストを尽くしましょう^^
プロフィール

yun

Author:yun
よろしくお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
TOEIC受験成績!
2010/05/30 L:225 R:165 T:390
2010/09/12 L:235 R:210 T:445
2010/11/28 L:245 R:195 T:440

2011/05/29 L:330 R:260 T:590
2011/09/11 L:320 R:275 T:595
2011/11/27 L:335 R:380 T:715

2012/01/29 L:380 R:345 T:725
2012/03/18 L:370 R:325 T:695
2012/11/18 L:345 R:340 T:685

2013/01/23 L:405 R:420 T:825
2013/03/17 L:415 R:380 T:795
2013/05/26 L:405 R:400 T:805

2014/05/25 L:390 R:360 T:750

2014/12 L:445 R:405 T:850

2016/6 L:440 R:320 T:760

カテゴリ
リンク
検索フォーム
PVアクセスランキング
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村