yun流瞬間英作文

おはようございます!

今日は僕が行っている瞬間英作文の方法を一回まとめとこうと思います。

もしかしたら、瞬間英作文というキーワードでこのブログに飛んできてくれる方もいるかもしれないので。

ただ、これはあくまで僕の方法であって、もっと別の方法もあると思います。

ただの一例にすぎないということを考慮の上、ご覧下さい。


ということで、現在やっている900点特急と過去にやった文法特急、単語特急でのやり方を細かく書いていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《yun流瞬間英作文》

(*まず、瞬間英作文しようとする教材の問題は、見た瞬間に答えられるようにしておくことが前提です。また、1日にどれだけの量をするのかは各自で決める必要があります。後述します。)


① 教材の問題を見て、選択肢以外にわからない単語・イディオム等の表現(日本語にしっかり対応させる)があったら、問題の英文中の単語・イディオムに下線、もしくは二重線や波線など、区別できるように印をつけ、近くに意味を書き込む。

② 文中の文法事項でわからない事柄があれば自分で調べ、どこがどのように修飾されているか[ ]で囲んだりして自分でわかりやすくする。

③ 1日にやる分を一通り目を通して一回脳内で音読する。 

④ 3〜5回音声を聞いて、発音や抑揚を頭に音声として残す。

⑤ 10回音読する。

⑥ 和文だけを見て英文が出てくるか確認する。

⑦ 3回シャドーイングする。

⑧ シャドーイング終了後、⑥で和文→英文が思い出しにくかった文があったら、そこを和文、英文ともに確認してから英文を5回音読して、再度、和文→英文に挑戦する。

⑨ その日やった文をお風呂の中や移動中などに思い出す作業をする。

⑩ 次の日から、和文だけを見て英文を瞬時に言える作業をする。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


基本的にこれら①〜⑩が1日にやる分のタスクです。初日は⑩はありません。2日目以降です。
次の日からは、今までにやった文の音声をひたすら聞く、もしくは、英文を思い出す、和文を見て英文を言えるようにする作業が大半になります。


*についてですが、これをしておくと、復習する際に思い出す作業のトリガーを作ることができます。

選択肢がどういうものだったかっていうのは問題を解いていけば自然と頭に残りますし、思い出す際にも、『確か、選択肢の内、答えがrecoverだった!』などと思い出せれば、そこから自然と和文が出てくるでしょう。

さらに、その文にでていたイディオムなどで印象深かったものとセットにしてを覚えるとアンカーまで作ることができるのでおすすめです。

例えば、recoverが思い出せなかったとしても、『According toからはじまる英文があったなぁ、たしかその文はAccording to yesterday's .......あ、答えrecoverの文だったなぁ』と思い出せるようになります。

ですので、先に問題集の問題だけはすぐに答えられるようにすることと、①、②の作業が欠かせないものになってきます。

僕は瞬間英作文において、目の前に教材がないけど文を思い出すという行為が記憶の定着に大変有効だと考えてます。

というよりも、これがかなり重要な部分になると思います。

また、①と②は先に全文やってしまうこともあります。
案外、①と②で思ったより時間が取られるので、これだけ先にしておくのもありかもしれません。


手順で書くと⑩までありますが、要領がつかめてくると、1日30分〜1時間くらいで終わる日が多かったです。
もちろんどれだけやるかに比例する部分はありますが。

どれだけやるかについてですが、それは自分の頭と相談してください。

僕の場合は、単語特急から始めましたが、初日は5文でした。
しかも1時間くらいかかりました。

それから徐々に増やしていって、4日か5日目くらいから1日の量を10文ほどまで増やし、それからは一定量で無理矢理10文詰め込んでいきましたね。

10文はぶっちゃけると僕にはきつかったです。

8文か9文くらいからものすごく頭の処理スピードが遅くなってくるのがわかります(汗)

しかもですね、単語特急って基本的に文が短くて(文法特急や900点特急と比べると)、文自体が簡単なので、それでキツかったんですから、いかに頭が受け付けてなかったかがわかります。。。


だらだらと書いてしまいましたが、今は900点特急を瞬間英作文していますが、もう地獄級です。

お前は鬼かっ!!ってくらいです。


でも、これやったら力つきそうっていうのが本音です。
not simply A but B as wellの文は覚えるの結構苦労しましたよ。何と言っても文が長い!!トホホ。。。

ただ、これはこれで特徴的なので今となっては頭に刻み込まれていますが^^

また、音読10回ですが、ただ単にぶっきらぼうな感じ読むのではなく、音声で聞いたものを再現する感じで、まず5回読みます。残りの5回はなるべく英文を見ないようにして音読します。その際、わからなければ英文を見ながら音読する、というようにします。

まぁ、長々と書きましたが、要は頭には入りゃいいんです!\(^o^)/
和文見て即座に英文を引き出せて、その文についての説明がてきて、抑揚や発音がしっかりできてりゃ言うことなしです。

ざっくり言いすぎましたかね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これから少し、ブログを書く頻度を落とします。
理由は色々あるのですが、とにかく僕はこれから次回の公開テストまで陰でひっそりと勉強します。

書くかもしれませんが、本当に頻度が落ちると思いますので、あらかじめ公言しておきます。

次回の公開テスト前になったらまたブログ順調に書くように戻ると思います(もう少し早いかも)ので、それまでは周りに日々のことをブログで示さずこっそり一人で勉強します。

毎日、しっかりと勉強はしていますので、あしからず。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
yunさんの詳細な取組み方、大変参考になりました。
取り入れてみたい学習方法の一つです。

たまたまですが、私も、ブログ更新頻度落として、取り組んでいます。
三月試験までは、おそらくあまり更新せず、その分の時間も勉強に当てます。
お互い頑張りましょうo(^▽^)o

No title

そう言っていただけると嬉しいです!
ただ、これはほんの一例でしかないので、もしマッキーさんが瞬間英作文をなされるのなら、一度ご自身にあうやり方を手探りで探すのもいいと思いますよ\(^o^)/
オーバーラッピングとか、ディクテーションとかを組み合わせてもできるので、かなり自由自在に勉強法をチョイスして学習できます!

とにかく、お互い目標に向かって必死に頑張りましょう(・ω・)ノ
プロフィール

yun

Author:yun
よろしくお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
TOEIC受験成績!
2010/05/30 L:225 R:165 T:390
2010/09/12 L:235 R:210 T:445
2010/11/28 L:245 R:195 T:440

2011/05/29 L:330 R:260 T:590
2011/09/11 L:320 R:275 T:595
2011/11/27 L:335 R:380 T:715

2012/01/29 L:380 R:345 T:725
2012/03/18 L:370 R:325 T:695
2012/11/18 L:345 R:340 T:685

2013/01/23 L:405 R:420 T:825
2013/03/17 L:415 R:380 T:795
2013/05/26 L:405 R:400 T:805

2014/05/25 L:390 R:360 T:750

2014/12 L:445 R:405 T:850

2016/6 L:440 R:320 T:760

カテゴリ
リンク
検索フォーム
PVアクセスランキング
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村