スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰でした。

またしばらくブログの更新が止まってしまいました。

毎日続ける仕組みを作らないとなぁと考え中です。

音声入力により、格段にブログを更新するというハードルは下がりましたが、問題は、ブログのページを開けられるかにかかっている気がします。

ある一定のタイミングで生活の中にFC2ブログを開けるということを試みればいいのかもしれませんね。

例えば、スマホも防水になっていることから、お風呂に入っているときに音声入力でブログを更新するなど、生活の一部分に入れ込んでしまえば楽かもしれません。

そういうことも検討素材として考えてみます。



それはそうと、今年も8月に診断士試験を受験する予定ですので、引き続き勉強をしています。

といっても、昨年の試験が終わってからしばらくは勉強する気が起きなかったので、勉強を少しずつ始めたのは年が変わってからですが。

今年は一次試験残り4科目(企業経営理論、運営管理、経営法務、中小企業経営政策)なので、昨年の7科目とは大きく違います。

そして、今年は、昨年と異なり、新たに問題集をすることがなくなったことが大きく違います。

また、1回試験を受験したこともあって、少し勉強の要領がわかったことも大きいです。

具体的な科目の勉強の仕方などについてはまた機会があったら書きます。


今年で一次試験を合格したい。

そして、その先にはいくつかのオプションが頭の中では広がっています。

そして、診断士の一次試験が終わったら、再度TOEICの勉強を進めていく予定で考えています。

新形式になってからまだ2度ほどしか受験していないTOEICですが、やっぱり900点を突破したい思いがあるので、まずは目の前のことをしっかりと片付けてから、TOEICの学習も視野にいれていきたいと考えています。




何をどこまででよしとするか

ブログ書いたら寝ます。

目標を決めたら、その目標を達成するために何をどこまでやるのかということを決めておく必要があります。

これは絶対に考えるべきことです。

例えば、その年度の試験が難しくなった場合は、合格率が下がります。しかしながらその試験が例年ほどの難易度であれば合格率は例年ほどとなり、一般的な合格者が回答できる問題数も例年並みとなります。

難しくなる年度は、仕方ないと思い確実にできる問題を確実に解くということが必要になってきます。

つまりは難しくなった場合はある種の諦めも大事になり、例年通りである場合に確実に合格できる力をつけておくということが資格試験にとっての最も重視する点ではないでしょうか。

時間が無限にあるわけでもありませんし、勉強すればすぐに知識が頭に入るとも限りません。

難易度に左右されると言うのはある種、賭けのように思われますが、勉強できる時間なども考えると効率が良いやり方であると思います。

今年の試験を受けるにあたって、少し感じたのでブログで記しました。

火曜日

今日は普段と同じ仕事をしていたのに心も体もクタクタになりました。

とりあえず、行きと帰りの電車の中では勉強はしています。

勉強というより、読んで・見て、思い出すような作業といったほうが正しいかもしれません。

今年は4科目だけですが、油断ならんので、また隙間時間を見つけて勉強していきます。

短いですが、今日はこれで。
プロフィール

yun

Author:yun
よろしくお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
TOEIC受験成績!
2010/05 L:225 R:165 T:390
2010/09 L:235 R:210 T:445
2010/11 L:245 R:195 T:440

2011/05 L:330 R:260 T:590
2011/09 L:320 R:275 T:595
2011/11 L:335 R:380 T:715

2012/01 L:380 R:345 T:725
2012/03 L:370 R:325 T:695
2012/11 L:345 R:340 T:685

2013/01 L:405 R:420 T:825
2013/03 L:415 R:380 T:795
2013/05 L:405 R:400 T:805

2014/05 L:390 R:360 T:750

2014/12 L:445 R:405 T:850

2016/6 L:440 R:320 T:760

2018/5 受験予定
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。